LT 4448

交換ユニット

3G-SDI|HD-SDI|SD-SDI

LTC信号に対応
信頼性を高める冗長電源

カタログを見るコンタクトセールス

LT 448と2台のLT 4600Aの組み合わせ

LT 4448は、プライマリ信号とバックアップ信号の2系統の入力信号がLT 4448に接続され、プライマリ入力信号の振幅の誤差を検出し、プライマリ信号に問題が検出された場合、自動的に信号をプライマリ信号からバックアップ信号に切り替える切替ユニットです。

LT 4448は、1台で11ペアのBNCおよびLTCチャンネルを提供します。これらのチャンネルはSDIを受信できます、 NTSC/PALブラックバースト、HD 3値同期、AES/EBUデジタルオーディオ、ワードクロック、LTC信号を受信できます。 LT 4610/LT 4611/LT 4600Aと組み合わせて使用できます。

主要な機能

1台で11チャンネル(1チャンネルはプライマリー入力、バックアップ入力、出力で構成)を提供。

チャンネル1と2のプライマリー信号とバックアップ信号の切り替えにはリレーを使用。チャンネル3~11の1次信号とバックアップ信号の切り替えには高速電子スイッチを使用。LTCの場合、3入力の1次信号とバックアップ信号の切り替えが可能。

入力信号の種類を選択できます。チャンネル 1、2 は、SDI 信号(3G、HD、SD)、NTSC/PAL ブラックバースト信号、HD3 3 値シンク信号を選択できます。チャンネル3~8は、NTSC/PALブラックバースト信号、HD3 3値同期信号が選択できます。チャンネル 9 と 10 は AES/EBU デジタルオーディオ信号専用です。チャンネル11はワードクロック信号(TTL入力)専用です。LTCチャンネルはLTC信号(2Vp-p差動入力)専用です。

LTCチャンネルは、2系統の入力(プライマリーとバックアップ)と3系統の出力を備えています。また、LTCケーブル(別売)を使用することで、LT4610(シンクジェネレーター)との接続も可能です。

電源投入時に故障検出を開始する遅延時間は、LT 4448が接続されているシステム信号源の立ち上がり時間に応じて、約1分または約4分に設定できます。

電源の冗長化により信頼性を向上。エラー発生時にはアラームが発生します。

製品のライブデモを見る

製品を実際にご覧いただき、お客様の組織でどのように活用できるかをご確認ください。

リアパネルI/O

ご注文

関連アクセサリー

製品名 モデル 備考
LTCケーブル LC2585 LT 4448 チェンジオーバーユニットと LT 4670 シンクジェネレーターを組み合わせるときに使用する変換ケーブル